5/29まちづくり特別対策委員会・5/31総務委員会開かれ、徳島市は新ホール建設場所を「駅西」ですすめ、平成30年3月を目途に施設の基本構想案をまとめると報告しました。

徳島市の報告に対し、委員からは駅西で大ホール1500、小ホール200の座席が確保できるのか、機材を搬入する大型車両の搬入路の確保について問題はないのか、総事業費についての見通しを示してほしいなどの意見や質問が出され、理事者側からは、1500・200の座席は前提に基本構想をまとめる。機材搬入路の確保について、東側(クレメント側)からも含め検討している。総事業費について現時点で明らかにできないが、「基本構想」を打ち出す中で明らかにしたい。などと答弁されました。

私からは、徳島市が駅西を建設候補地の選定理由とした「新ホールの基本理念『市民の芸術文化の創造拠点』として、創造・交流・鑑賞の基本的機能を踏まえた施設建設が可能であること」という選定の大前提が市民に分かるように(青写真など)を示してほしい。総事業費を明確に示されない段階で良しというわけにはいかないが、市民の求めるホールを早く建設する必要があり、基本構想づくり段階からホールの運営の在り方まで市民参加による新ホールづくりを進め、市民が利用するホールを市民とともに創るという視点でホールづくりを進めるよう求めました。

また、新町西再開発をめぐって再開発組合と徳島市が裁判を争っている問題について、一部委員から、徳島市が敗訴した場合、新町西再開発で進めてきた「ホール建設」事業が復活し、駅西での新ホール建設の前提が失われるのではないか等という意見だされていることについて、「現ホール建設計画は裁判の結果、影響を受けるのか」と質しました。

これについて、「駅西の新ホール建設は、裁判の結果にかかわらず進めていく」と理事者から答弁され、新町西再開発によるホールの復活はないとの見解が示されました。

 

カテゴリー: 市議会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です