広域ごみ処理問題を考える市民連絡会と2回目の懇談(2/21)~日本共産党徳島市議団

2月21日は主に渡辺亜由美市議が視察した、町田市(東京都)とふじみ衛生組合(三鷹市・調布市の2市合同)の2か所のごみ処理や施設整備の在り方と市民検討会議など市民が果たしている役割などの報告を受け、徳島市が中心となって計画策定をしている広域ごみ処理について懇談が行われました。
 渡邊市議の報告では、町田市においてもふじみ衛生組合(三鷹・調布)においても、ゴミの基本計画や施設整備計画において市民が参加した「検討委員会」が大きな役割を果たしていること。市民参加の「検討委員会」の構成も町田市では20名の委員の内町田市民が12名(自治体等関係団体9名・公募市民3名)、学識経験者4名、事業者4名で、検討委員会のほか、20名の委員が分担して「専門委員会」を設け、2011年5月から2013年2月の2年間で延べ42回の会議を重ねるなど市民が中心となったごみ処理計画立案がなされているとのことでした。また、町田市長自身が、ごみ削減の方針を「今後10年でごみ処理量を40%削減します」と宣言して積極的にごみ減量化方針をかかげていることも大きな後押しとなっているようです。町田市はこのほか市内7か所で各2回計14か所で市民の意見を聴く会を設け延べ291件の市民の意見が寄せられていることも報告されました。
 懇談では、徳島市においてもこれから設置されるという「市民検討会議」について市民参加あり方の重要性が様々な視点から出され活発な意見交換が行われました。
 なお、「広域ごみ処理を考える市民連絡会」の会則を拝見しますと、第2条目的として「本会は現在計画中の徳島市と周辺5市町による広域ごみ処理計画について、当事者である市民が連絡・連携して活動する受け皿となり、ゴミ処理はどうあるべきかについて考え、これから策定される廃棄物処理計画を市民の参画のもと、より良いものにすることを目的とする。」とされています。日本共産党徳島市議団との懇談は2度目ですが、引き続き第3回目の懇談会ももたれることとなりました。

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

徳島市議会3月議会の日程確定しました~日本共産党市議団 代表質問 渡邊亜由美市議 個人質問 加戸悟市議です。 

3月議会「事前」委員会
2月22日 子育て・健康長寿特別委員会 10時~(渡辺)
      議題 ・平成30年度一般会計予算の主要事業について
         ・介護保険事業について
         ・高齢者福祉計画及び介護保険事業計画(案)について
         ・徳島市立幼稚園条例の一部改正について
2月23日 まちづくり対策特別委員会 10時~(塀本・見田)
      議題 ・鉄道高架事業について
         ・ひょうたん島川の駅事業について
         ・新ホール整備事業について
         ・地域振興施設整備事業について
2月27日 防災対策特別委員会について 10時~(加戸・船越)
      議題 ・平成30年度地震津波対策関連予算について
2月28日 総務委員会 10時~(見田)
      議題 ・職員の処分について(口頭報告)
         ・平成30年度版徳島市まちづくり総合ビジョン推進プラン(案)について
         ・平成30年度行政組織の改正について
         ・平成30年度の職員定数等について
         ・徳島市行財政力強化プランの取り組み状況について
         ・新ホール整備事業について
         ・(仮称)徳島市行財政改革推進プラン2018(素案)のパブリックコメントの結果について(口頭報告)
3月1日  文教厚生委員会 10時~(塀本)
      議題 ・職員の不祥事について(口頭報告)
         ・家庭ごみ収集運搬業務委託契約について
         ・一般廃棄物中間処理施設整備に係る基本的な事項(案)について
         ・介護保険事業について
         ・徳島市高齢者福祉計画及び介護保険事業計画(案)について
         ・国民健康保険事業について
         ・徳島市立幼稚園条例の一部を開設する条例について
         ・平成30年度行政組織の改正について(報告)
3月2日  産業交通委員会 10時~(加戸)
      議題 ・徳島東部地域DMOについて
         ・地域振興施設整備事業について
         ・阿波おどり事業について
         ・とくしまLED・デジタルアートフェスティバルについて
         ・中央卸売市場の整備について
         ・平成30年度行政組織の改正について(報告)
3月5日  建設委員会 10時~(船越)
      議題 ・鉄道高架事業について
         ・ひょうたんじま川の駅ネットワーク推進事業について
         ・平成30年度行政組織の改正について(報告)
         ・水道料金と宇徴収業務の包括委託に係るプロポーザルの選定結果について
         ・平成30年度水道局組織の改正について

3月8日開会
3月12日・13日・14日は本会議
3月15日 総務委員会・産業交通委員会
3月16日 文教厚生委員会・建設委員会
3月19日 総務委員会・産業交通委員会
3月20日 文教厚生委員会・建設委員会
3月23日 閉会
以上のほか 2月26日10時~ 100条委員会が開かれます。(塀本・加戸)

カテゴリー: 市議会, 見た・聞いた | コメントする

徳島市内の雪景色、今朝も。~2月に入って4日・10日・12日・13日と連続で積もるのははじめてかな

カテゴリー: みたおさむ物語 | コメントする

とくしまLED・デジタルアートフェスティバル作品を視察~

2月9日からはじまる「とくしまLED・デジタルアートフェスティバル」の作品を市議会からの案内で他会派の市議ら(十数名)とともに4会場の作品を視察しました。日本共産党市議団からは塀本信之、渡辺亜由美、見田治が参加しました。視察後の感想ですが、作品が4会場に分かれていて歩いてみる距離ではありませんので、せっかくの作品がどれだけの市民に見て、触れていただけるか、そこが気になったところです。また、高校生が制作された作品はどれも見事な作品ですが、強い光の場面がありますので、一定の距離をおいてみるようにしたほうがいいかもしれませんね。

カテゴリー: 市議会 | コメントする

食品の残さを「菌床」で水と炭酸ガスに分解~小松島市のYさんの事業所を視察

1月25日、豚の飼育をしながら産廃処理業を営むYさんの事業所を見学させていただきました。Yさんの事業所では、持ち込まれる生ごみ(食品残さ)を菌床(土のようなもの)の中に混ぜ込むだけ、2トンの残さは2~3日で分解されるとのこと。菌床は分解熱で80度に達していて手を入れるとやけどをするからと注意されました。分解されて出た水は菌床分解熱で蒸発するようにしているので、分解後は何も残らないのが特徴です。菌床に混ぜ込むだけ

豚の飼育で感心したのは、豚小屋の「におい」が一切しないことでした。小屋の床に菌床を敷いて、し尿を分解しているとのこと。Yさんの「菌床分解」は大きな設備はいっさいなしですから、このような方法で生ごみ処理ができるとすれば、画期的です。本視察は、船越智子市議、渡辺亜由美市議と一緒に行いました。

カテゴリー: 市議会 | コメントする