徳島県民医連退職者会懇親会が開かれました~白川ようこさんが(日本共産党衆院四国比例候補)駆け付け参加

9月24日ホテルグランドパレスにて、2年ぶりの「退職者会」が開かれました。
退職者会会長の樋端規邦先生(石井病院長)から、新病院建設への協力のお願いとあわせ、「大義のない疑惑隠しの総選挙、安倍政権を退陣させる絶好のチャンスです。今度の選挙に民医連の仲間が2人、白川・山本さんが立候補される予定です。ぜひご支援を」とあいさつがあり、超多忙な日程の中、徳島県出身で元健康生協の職員として働いていた経歴をもち現在は日本共産党の香川県議会議員の白川ようこさんが出席し決意をのべられました。退職者会は、おりしも降ってわいた「総選挙」の話で盛り上がり、白川さんの決起集会さながらの会となりました。

写真の最前列左から3番目が白川さんです。会が始まる前に撮りました。この後、白川さんは直ちに徳島駅から高松へ直行されました。

カテゴリー: 見た・聞いた | コメントする

徳島駅前で「市民と野党の共同アクション」~オール徳島・民進党・共産党・新社会党の代表が解散総選挙にむけた決意を表明

9月19日午後5時半、オール徳島(立憲主義と民主主義を取りもどし安保関連法を廃止させるオール徳島)主催による「市民と野党の共同アクション」が行われました。共同アクションは、2年前の安保関連法が強行採決された日を思い起こし安保関連法廃止の統一行動として開かれましたが、折しも安倍首相の「国会解散」発言を受け、各代表からは、大義のない解散に対する批判と総選挙に向けた決意が語られました。
 日本共産党徳島県委員会委員長の上村氏は、安倍首相のめざす解散は『疑惑隠し解散だ』と厳しく批判した上で、安倍政権が追い詰められたうえでの解散で、安倍政権打倒の絶好のチャンス。すでに参院選や新潟知事選、仙台市長選で実証済みの市民と野党の共同の実現を強く呼びかけました。

カテゴリー: 日本共産党と後援会 | コメントする

解散総選挙 現時点での基本姿勢

 

日本共産党本部で志位和夫委員長記者会見

カテゴリー: 動画・音声 | コメントする

台風一過、快晴の元での「渭北地区敬老会」となりました。

9月18日助任小学校体育館で、平成29年度「渭北地区敬老会」(主催・徳島市・渭北街づくり協議会)が開かれ80歳を迎えられた渭北地区在住1419人の内約200人が出席されました。
主催者挨拶、来賓祝辞など式典の後、助任小学校の子ども達による「琴クラブ」や「金管バンド」の演奏、「なでしこ微人」のレクダンスやフィットネス・フラ、日本舞踊や合唱など多彩なアトラクションで長寿をみんなでお祝いしました。 私は、地区の市議として次のような祝辞(要旨)をさせていただき、アトラクションをご一緒に楽しみました。
祝辞要旨「憲法25条にある高齢者が大切にされる社会をくつるためにも高齢者がしっかりものをいうことが大事、今朝の新聞で総選挙?になるかもしれないと報道されていますから高齢者の声をしっかり上げていきましょう。徳島市はこの5年間で3200余り人口が減少しましたが渭北地区は増えている。特に、0歳~6歳~12歳の子供たちが増えています。これは渭北が住みやすい地区であることを示しているのではないでしょうか。このように住みよい地区をこれまで築いてこられたのが皆さんです。これからもお元気で頑張ってください。

 

カテゴリー: みたおさむ物語 | コメントする

徳島県防災センターを見学・消火器を使った初期消火や震度7の揺れや風速30mの強風体験など、体験ツアーに参加しました。

カテゴリー: みたおさむ物語 | コメントする