政策・見解」カテゴリーアーカイブ

コロナ特措法改正案の罰則導入について、新聞紙上には~「逆効果」「新たな差別生む」「実効性に疑問」「単に罰則を設ければいいというのは感情論」「私権制限・冷静な議論を」などなど罰則導入案に否定・疑問続出です。

ワクチンの開発が世界で進み始めていますが、日本での接種はまだまだ先の事のようです。このような状況の下では人と人との接触を制限する社会的な行動制限も必要ですが、こうした社会的制限は個人や企業に対する所得の十分な補償が不可欠 … 続きを読む

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

3月のとくしまマラソンの参加申し込みが5000人に対し2116人。申し込み対象者8100人の26%しかなく、さらに8日から再募集を行うとのことですが、傷口が大きくならないうちに「中止」することが賢明だと思います。

コロナ感染者は全国で5千人を超え、徳島でも今日の発表は10人と二ケタ台です。知事や市長は「県市協調」路線の下で「チャレンジ」「チャレンジ」と実施の強い意向を示していますが、県内在住者約8100人に申し込みの依頼を行い、結 … 続きを読む

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

こんな日本に誰がした~自分の言葉で話せない首相、中国に人権批判できない大企業、国民にウソつく「前総理」に媚びる自民・公明。コロナ禍で社会的弱者が死地に追いやられています。不安はあるでしょうが野党連合政権にかけてみませんか。来年こそ明るい未来を開く年に~

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

とくしまマラソン5千人規模で開催決定~飯泉知事や内藤市長のいう「チャレンジ」とはいったい「誰のため・何の為」でしょう?ブランディングアップではなく知事や市長の危険なスタンドプレーとしか映らないでしょう。

今朝の新聞で、中止を決めていた第13回徳島マラソンについて、エントリーしていた「県内在住」者を対象として3月28日に開催するとしています。実行委員長の飯泉知事も県市協調を第一に掲げる内藤市長も、開催決定について「チャレン … 続きを読む

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

日本学術会議の任命拒否の理由を示さない、菅首相(自民党)と学問の自由、ひいては言論・思想の自由の侵害と真っ向批判する日本共産党。自由民主党対日本共産党。さて、どちらが民主主義政党?でしょうか。日本共産党への誤解・偏見を🤣😍解くいい機会ともなっています。

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする