政策・見解」カテゴリーアーカイブ

総選挙、ご支援ありがとうございました。結果は~日本共産党は9議席の減となり残念。しかし、立憲民主党が躍進し「市民と野党の新たな共闘」が全体として前進、ここに今後の政治の希望がある。

10月25日付しんぶん赤旗に小池晃書記局長の発言(NHKスペシャル)が掲載されました。以下小池書記局長発言の一部を紹介します。  「今度の総選挙では「市民と野党の共闘」が進み、私たち日本共産党と立憲民主党、社民党の3党で … 続きを読む

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

日本共産党副委員長田村智子氏(参議院議員)来県~13日徳島駅前の街頭演説会~市民と野党の新たな「共闘」の発展を実感

13日の田村副委員長の徳島駅前の街頭宣伝を徳島新聞が2面(写真付き)で報道しました。記事文中ふれられていませんが、新社会党の代表、安保法制の廃止を求めてきた市民団体の代表の方々が田村氏の街頭演説に参加しマイクを握って「市 … 続きを読む

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

徳島民主商工会第42回定期総会(7/2)に日本共産党徳島市議団を代表して出席しました。

 民商定期総会の議案は、中小業者をめぐる情勢について、「2014年4月に消費税が8%に増税されて以後、GDP低迷、2年連続の個人消費の落ち込み、税率8%で多くの中小業者が苦しめられています」と指摘し、さらに「年金や国保、 … 続きを読む

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

前川前事務次官への承認喚問、自民・公明の与党が拒否する理由がわかりません。彼のマスコミ等での証言が虚偽なら、それこそ偽証罪として問えるわけです。民間人だからという理由も、森友学園の籠池氏は民間人で承認喚問しているわけですからね。

結局、自民・公明の与党は安倍首相を守るために、証人喚問は何が何でも多数の力で「拒否」する。国政を私物化しているかもしれない与党の「親分」を皆で守る、なんとも、情けない姿勢が誰の目にも明らかです。 安倍内閣に反旗を翻して、 … 続きを読む

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

「加計学園」の「総理のご意向」。前事務次官の公の証言で、文書は本物でしょ。「怪文書」はもうボロボロ。調査拒否の弁明、恥ずかしくないですか。菅官房長官。

まあ、こんな皮肉を言っても「知らぬ顔の半兵衛」でしょうね。しかし、これは、あなた方の後世に残る、はずかしい「汚点」となるのではないでしょうか。

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする