日本共産党副委員長田村智子氏(参議院議員)来県~13日徳島駅前の街頭演説会~市民と野党の新たな「共闘」の発展を実感

13日の田村副委員長の徳島駅前の街頭宣伝を徳島新聞が2面(写真付き)で報道しました。記事文中ふれられていませんが、新社会党の代表、安保法制の廃止を求めてきた市民団体の代表の方々が田村氏の街頭演説に参加しマイクを握って「市民と野党の共闘の立場」から、ぶれずに頑張る日本共産党へ大きなエールを送っていたこと、日本共産党が全国67選挙区で党が公認候補を下ろし、立憲民主・社民・新社会党・希望の党に行かない無所属との候補者一本化を図り、市民と野党共闘の新たな発展が広がっていることなどを訴えた点は、記事として触れられていません。「市民と野党の新たな共闘」の前進!この点が見逃せない視点ですね。

 

カテゴリー: 政策・見解 | コメントする

ある新聞の選挙報道、果たして、正確に国民の声をとらえているでしょうか?「本当のこと」流しているのかな~私の持ってる情報・市民の声との乖離を感じています。まぁ、どちらが正しいか結果は22日投開票で!

カテゴリー: 日本共産党と後援会 | コメントする

今日から総選挙~午前は、1区山本千代子候補の出陣式とポスター張り、午後からは「政党カー」の弁士でした。

徳島駅前で行われた山本千代子小選挙区徳島1区の出陣式。安保法制廃止をめざして一緒に闘ってきた新社会党の代表の方、安保法制の廃止を求める市民運動団体のオール徳島の代表の方がそろって壇上に上がり山本候補へのエールを送られている姿に改めて「市民と野党の新たな共闘」の発展を実感しました。政党カーの街頭宣伝では、この後景を中心に安倍政権の退陣を訴えました。8日各局の党首討論を受けて、各キー局の政治討論でも、主な選挙の争点を政党単位に明示されていましたが、どう見ても、3極構造ではなく、選挙の対決の構図は、「自公とその補完勢力」対「市民と野党共闘」という2極の対決構図が浮かび上がっているようです。街頭宣伝では、憲法をないがしろにする安倍自公政権に真正面から対決を挑む新たな野党共闘の柱としての日本共産党にさらに大きな期待がビンビンと寄せられました。

 

カテゴリー: 日本共産党と後援会 | コメントする

吉野川橋からマリンピア往復・10キロを完歩~渭北歩こう会

秋晴れの10月9日、今年も4キロ、6キロ、10キロの3コースに分かれて渭北歩こう会が開かれ、吉野川南岸の広場に300人余が集まりました。私は、左膝人工関節手術をして10か月たち、どの程度歩けるのか「膝の使用試験」のつもりで10キロコースを選択し吉野川河口の景色を見ながら無事に完歩。ちょっぴり自信がつきました。 午後からは、1区の山本千代子さんと徳島市川内町を中心に街頭宣伝、さすがにくたびれました。では。

カテゴリー: みたおさむ物語 | コメントする

安保法制はなぜ廃止するしかないのか/生放送!とことん共産党ミ

MC:田村智子副委員長

大門ミニ:3分でわかる経済の焦点②富裕税/大門実紀史参議院議員

カテゴリー: 動画・音声 | コメントする