木工会館の移転先としているアミコビル(1F・9F)を船越市議と視察してきました。

アミコビルを管理されている「都市開発」の方に施設の説明をしていただきながら案内していただきました。一階フロアー200㎡は、現在2部屋に分かれてウエディングドレスが展示されていますが、部屋の壁をとって一対として使用できるとのこと。一階フロアーだけに一般来客者の人通りも多く、展示スペースとして利用でき、搬入搬出口はすぐ裏が「アミコ」の搬出作業場で、使いやすいのとのことでした。また、駐車場の確保について、展示来場者に2時間程度の無料駐車場を提供し対応することも検討中とのことでした。

また、9階は、全体として食堂街ですが、閉店が相次ぎ眉山が見える空き店舗600㎡あまりの内、随時必要なスペース活用が可能とのことです。

カテゴリー: 見た・聞いた | コメントする

核兵器禁止条約の批准をしない、日本の「安倍政権」。アメリカへの忖度極まれりでしょぅか。それとも将来自ら核兵器を持つべきだという思いの表れでしょうか。なくすべきは核抑止力論ですね。「平和の火のつどい」の帰り道、鳴門のレンコン畑の蓮の花に平和の願いを託しました。

カテゴリー: みたおさむ物語, 見た・聞いた | コメントする

被爆74年 灯火28周年「平和の火のつどい」鳴門市大麻町・東林院で開かれました。

主催者を代表し、非核の政府を求める徳島の会・山本千代子氏が挨拶されました。山本氏は、挨拶の中で2018年7月に行った「非核・平和自治体アンケート」の結果を公表し、特に、核兵器禁止条約について「批准すべき」と回答した市町村が25自治体(県を含む)中、1市9町1村あったことを紹介し、自治体の姿勢を高く評価されました。

カテゴリー: 見た・聞いた | コメントする

明日8月6日、被爆74年・灯火28周年「平和の火」のつどいが開かれます。場所・種蒔大師東林院本堂前(鳴門市大麻町大谷山田)午前8時より。

カテゴリー: お知らせ・ご案内 | コメントする

8/2 全日本年金者組合第31回徳島県本部定期大会開かれる~1989年8月26日に結成された徳島県本部は今年結成30周年迎えました。

2019年度運動方針では、要求実現の運動・共同行動の発展へとして~①最低保障年金の創設、年金引き下げの仕組み「マクロ経済スライド」廃止②年金・医療・介護の充実めざい秋の自治体要請キャラバンを成功させる等③福島県で開催される第33回日本高齢者大会の成功⓸消費税10%増税反対、憲法9条を守り生かす運動、沖縄・辺野古米軍基地建設反対、「核兵器禁止条約」の批准を政府に求めるなどの取り組みを進めるとしています。また、年金裁判を国民的運動へとして~年金裁判原告団闘いの強化(秋に始まる立証活動)、「年金一揆」2019徳島行動の開催します。仲間づくりと組織の強化では~高齢者の生きがい、楽しみ、文化・レク・サークル・地域活動を組合員自身が楽しんで、楽しい高齢期をつくること。時期大会までに組合員を500人超えを達成し目標を533人とすること等を提起し、満場一致で承認されました。私は、引き続き会計監査委員に選出されました。

 

カテゴリー: お知らせ・ご案内, みたおさむ物語 | コメントする