2018年8月6日「平和の火」のつどい(主催.非核の政府を求める徳島の会)開かれる~東林院にて

県民アピール
ヒロシマ・ナガサキの惨禍から73年目の夏をむかえました。
私たちは、8月6日「ヒロシマの日」に東林院境内の「平和の火」の前につどい、あの日の出来事に思いを寄せ、ノーモアヒロシマ・ノーモアナガサキの誓いを新たにしました。
去る6月12日、米国のトランプ大統領と北朝鮮のキムジョンウン国務委員長が首脳会談を行い「共同声明」に署名しました。朝鮮半島の非核化と平和体制の構築に向かう歴史的な転機となる、今回の首脳会談の合意を私たちは心から歓迎します。この合意を履行する過程で様々な困難に直面するでしょうが、日本を含む関係各国・国際社会の協調した取り組みによって、朝鮮半島の非核化と戦争のない平和な北東アジアの実現へ、私たち市民社会も後押ししていきましょう。
この一年間は「核兵器のない世界」の実現へ着実に歩みを進めた一年でした。昨年7月の歴史的な核兵器禁止条約採択によって核兵器は初めて違法化され、「残虐な大量殺りく兵器・核兵器は廃絶すべき」が国際社会の規範となる時代を迎えようとしています。条約は14か国がすでに批准し、50か国が批准すれば90日後に発効します。
この流れに逆らい、核保有国・核依存国は危機感をつのらせ発効を阻止しようと躍起になっています。日本政府・安倍政権も核兵器禁止条約に背を向けており、唯一の戦争被爆国として世界に恥ずべき態度をさらしています。私たちは草の根運動の力で、日本政府を核兵器禁止条約を批准する政府に変えていきましょう。
核兵器禁止条約をつくる大きな原動力のひとつが、原爆投下をみずから体験した被爆者の方々の渾身の訴えでした。その被爆者の思いにこたえる「ヒバクシャ国際署名」の県内7万筆達成めざし地域で行動を広げていきましょう。
この徳島の地から「核兵器のない世界」の声を上げていきましょう。
2018年8月6日 東林院にて  非核の政府を求める徳島の会

カテゴリー: 見た・聞いた | コメントする

8月2日山形市コミュニティファンド(市民活動支援基金)について、徳島市議会総務委員会として行政視察を行いました。

 平成20年から、「まちづくりを担う市民活動を財政面から支える仕組み」として実施されている山形市コミュニティーファンド。今年(平成30年3月末)で10年目を迎えています。10年間の累計で寄付総額は2億752万9831円(分野希望寄3100万円・団体希望寄付1億6100万円・一般寄付1550万円)に上っています。
 私の視察の成果・感想ですが、コミュニテイーファンドの特徴として⓵コミュニティーファンドへの寄付金は各種税控除(ふるさと納税のような)を受けることができ、市民の公益活動への寄付が集めやすくなっていること。⓶分野希望マンションを建て、分野に沿った事業提案を募集し補助を行うとともに⓷公開プレゼンテーション補助事業を募集し、市民などが審査委員となり、公開審査で補助を決めていること。などです。
 Q 制度創設以前と以後の市民活動の質的変化は?との問いに対して、山形市の担当部局の説明では、「公開プレゼンテーション等を通じて、団体の活動を知ってもらうきっかけにもつながつており、制度が団体活動の活発化を後押ししていると考えている」されています。
 徳島からの山形まで飛行機と新幹線で片道約4時間半、少々疲れました。

カテゴリー: 市議会 | コメントする

徳島市は32.2%、府中市は53%の特定健診実施率。この差はどこにあるのか、視察することにしました。9月議会の個人質問(40分)の準備に取り掛かっています。

カテゴリー: 市議会 | コメントする

全日本年金者組合徳島県本部第30回定期大会開かれる~

7月26日県青少年センターにて、標記大会が開かれました。2018年度運動方針では、要求実現の運動と共同行動の発展へと題して(1)最低保証年金をはじめとする「若い人も高齢者も安心できる年金を求める」運動や「年金カット法」のマクロ経済スライドを発動させない運動、公的年金控除の見直しなど新たな年金課税強化に反対する請願署名運動への取り組み。(2)国民健康保険料(税)の引き上げ反対、3・13重税反対統一行動や秋の自治体キャラバン(県社会保障推進協議会)の共同行動等、行政への要請、暮らしやすい住みよい町づくり運動を展開すること。(3)第32回日本高齢者大会 IN 熱海を成功させる。(4)安倍「改憲を許さない」平和と民主主義のたたかいでは、戦争法(安保関連法)の廃止、立憲主義を回復する共闘への参加、核兵器禁止条約の批准を政府に求める運動推進。沖縄辺野古米軍基地建設反対。伊方原発の再稼働に反対し原発ゼロを掲げています。
また、年金裁判を「国民的運動へ」では、年金裁判を支援する徳島の会の取り組み強化、年金フェスタの取り組みを10月に行うこと。仲間づくりと組織強化の運動では、結成30年に向けてすべての市町村に「支部」づくりを展望し、組合員拡大で500人の組合に組織達成計画を持って取り組み、特に組合員自身が楽しんで結びつきを広げ高齢期をつくるを重視し、文化・レク・サークル・地域活動を広げるとしています。
代議員の発言でも、麻雀や卓球サークル、カラオケなど楽しい会の取り組みが次々と紹介発現されていました。
私は、大会発言で、徳島市の特定検診受診率が低くまた、後期高齢者への検診にある「制限」の撤廃など、検診の受診率を高める取り組みについて方針提起させていただきました。また、会計監査委員として引き続き、県役員を務めることとなりました。

カテゴリー: 見た・聞いた | コメントする

阿波おどりの赤字問題、また「総踊り」に替わる新フィナーレへの方針をめぐって、「市長と踊り子との対立」として一方的に描くTVバラエティーに驚きました。

「阿波踊り振興協会」の代表者や所属の踊り子へのインタビューを拝見しましたが、有名連と言われている「連」は、阿波踊り振興協会所属は14連(2連脱退)、徳島県阿波踊り協会所属連が17連、その他阿波踊り保存協会に加盟する連が8連などあり、総踊りについて、有名連のすべての踊り子が総踊りを目標にして踊っているわけでもありませんし、総踊りがなければ阿波踊りのフィナーレが飾れないかのように知ったかぶりでいう某週刊誌のコメンテーターにも驚きです。
総踊りについては、このような形で、全国区でマスコミに取り上げられていますので、市民の中でも様々な声をお聞きします。しかし、総踊りがなければ阿波踊りの価値がないかのような取り上げられ方はいかがなものかと思います。
私は根っからの阿波っ子で、企業連で踊ってもいましたが今はもっぱら「見る阿呆」の立場ですが、県外の方にお勧めは、有料桟敷もいいけど、無料桟敷で楽しめますし、いたるところの街角でおどるグループ踊り、また、体験型ならだれでも踊りに参加できる「にわか連」がお勧めです。
以前無料の桟敷や街角で撮った写真です。

カテゴリー: みたおさむ物語 | コメントする